文 房 四 宝

   文房四宝の概略説明:

文房四宝とは書道において文房具の中で最も重要な[筆][墨][硯][紙]の四つをいう。

種  類 説     明

筆
筆は元々、動物の毛を用いたもので、馬・羊・猫・イタチ・ウサギ・タヌキなどであった。
昔は硬い毛をの筆を好んで用いたようだが、現在は動物の数が減少したことから入手困難になっている。
最近は羊毫筆が一般的に用いられている。

筆は穂の長さにより「長鋒・中鋒・短鋒」の3種類に分けられる。また、毛の硬さによっても「剛毫毛・柔毫毛」がある。
ここに簡単な例をあげると[長鋒柔毛筆]は弾力性はないがしなやかな潤いがある線が書ける。[短鋒剛毛筆]は弾力性があり力強く引き締まった線が書ける。

墨
マツや油のばい煙をにかわで固めたもの。中国では殷時代、日本では「日本書紀」に使われたとある。

墨色について
墨は黒いと思われているが、[水質][天候][温度][湿度]の条件により多様な墨色が生まれる。「墨に五彩あり」といわれる。
墨色は大まかに言って2つに大別される。
 1)濃墨:良く念入りに磨る。力強く明るい引き締まった緊張感ある作品になる。
 2)淡墨:軽く磨る。または濃く磨ったものを水で薄める。筆が軽快に運ばれるので、さっぱりして洗練された作品になる。
その他に、青墨や茶墨などがある。

硯


硯は水成岩の中の粘板岩がもっとも適しているといわれるが、最近は人造岩による硯も作られている。硯が中国の端溪石が最高のものといわれている。

硯は墨を磨るためのものであるから、墨の磨れ具合が硯の生命である。墨が良く磨れて、墨汁がのびると筆をいためずに書けるので、光沢のある墨色の作品が書ける。



半紙
紙は和紙・唐紙・洋紙に大別され書道の作品には和紙と唐紙が使われる。
 1)和紙:美濃紙・鳥の子紙・改良半紙・奉書紙・雁皮紙など。
 2)唐紙:二番唐紙・玉版箋・画仙紙など。

紙はたくさんの種類があるので作品にあった紙を選択する。一般的に、にじみが少なく墨の扱い方が良いとされる「改良半紙・美濃紙」。

かな書きには字肌をくっきりさせ、筆の変化を出すためには「鳥の子紙」を用いる。
また、わざとにじみを出したいときは「薄手の画仙紙」を選び、力強くにじみが少ない作品をなら厚手のものを選ぶ。

このように自分で工夫して作品にあった紙を選ぶ。


トップ アイコンこの項の先頭ページへもどる